坂井市・あわら市で「税」でお悩みの方ご相談下さい。

事業経営や相続などでお悩みの方ご相談下さい。

お知らせ

【29.7.4】平成29年度分路線価が公開されました

 平成29年度財産評価基準となる路線価が国税庁より公開されました。下記リンク先よりご覧ください。

平成29年度 路線価

【29.3.3】IT導入化補助金の二次募集

 ブログの方で一度紹介しました、中小企業のIT化導入時の補助金制度が3月中旬より二次募集を行うことが決まったようです。

 二次募集についても、補助金制度の予算額に達し次第終了となるようですので、検討されている方はお早めにご検討されてはいかがでしょうか。

 会計ソフトも対象となりますので、会計ソフトの導入を検討されていましたら、竹澤会計事務所までご相談下さい。

 詳細については、下記バナーよりご覧ください。

 

【29.1.19】ウィルスメールに注意して下さい。

 ウィルス付き迷惑メールが全国に送信されているようです。

 メールのタイトルが「見積書送ります」「企画書送ります」等、一見すると仕事に関係のあるようなモノもあれば、宅配業者を装った内容のモノなどで添付ファイルを開かせようとする内容となっているようなので、身の覚えのない相手先からのメールが届いた際には、添付ファイルを開かないよう注意して下さい。

 詳しくは

【日本サイバー犯罪対策センター】ウィルス付きメールに注意

 よりご確認下さい。

 

【28.10.10】坂井市の企業支援制度

 坂井市が行っている、坂井市の企業に対しての支援制度をまとめた情報が公開されています。

 詳しくは下記リンク先を参照して下さい。

坂井市中小企業支援制度

【28.8.25】「キャリアアップ助成金」について

 最低賃金の引上げの環境整備の一環として、24日に補正予算が閣議決定され、中小企業・小規模事業者支援として追加の措置が講じられることになりました。

 キャリアアップ助成金は、有期契約労働者等の正社員化、人材育成、処遇改善を行った事業主に対する助成制度です。

詳しくは下記リンク先を参照して下さい。

キャリアアップ助成金

【28.7.1】中小企業経営強化法が施行されました

 下記にあります、「中小企業経営強化法」が本日施行されました。

 内容に付きましては下記または下記リンク先をご覧ください。

【参考資料】 

中小企業庁

【28.6.20】中小企業経営強化法について

 平成28年7月に施行される「中小企業等経営強化法」の内容を、分かりやすく解説した資料が中小企業庁にて公開されています。

 《中小企業等経営強化法について

 《中小企業等経営強化法チラシ

 これは経営力向上計画を提出し認定を受けることで、各種支援を受けれるというもので、固定資産税が3年間軽減される支援策や、金融支援等が受けられるものもあるようです。

 経営改善を真剣に考えるいい機会にもなりますので、この制度を活用してみてはいかがでしょうか。

【28.6.1】当座・普通預金の取引情報から仕訳が起こせる『FinTech』サービスが始まります!

 金融機関のインターネットバンキングサービスを利用されている企業であれば、当座預金・普通預金の取引データを受信して仕訳作成をサポートする「FinTech」サービスが利用できるようになりました。

 現在までに自計化システム「FX2」「eまいスター21」を利用の場合は、設定を行うことでいつでも利用可能となります。

 また将来的にパソコンで会計を行いたい方のであれば、仕訳を起こす作業を大幅に減らす事ができると思われますので、これを機にご検討されてみてはいかがでしょうか。

【28.6.1】相続税対策をはじめませんか

 平成27年度の相続税の改正を受けて、これまで相続税がかからなかった場合でも課税されるケースが増えております。下記リンク先にて、資産内容に応じてどれ程の相続税が掛かるのかを簡単に計算することができますので、不安を感じられている方や、相続税が掛かるかどうかが気になられる方がいらっしゃいましたら、一度試しに計算されてみてはいかがでしょうか。

 また、当事務所にていつでも相続税等の試算も行っておりますし、そこから節税のご相談も承っておりますので、いつでもお気軽にご連絡下さい。

参考資料:

【国税庁】相続税のあらまし

【国税庁】相続税の申告要否の簡易判定シート

【28.6.1】「『経営力向上』のヒント~中小企業のための『会計』活用の手引き~」

 中小企業庁は「『経営力向上』のヒント~中小企業のための『会計』活用の手引き~」を作成し公開しています。この中で、会計を活用するメリットについて分かりやすく解説されていますから、一読されてみてはいかがでしょうか。中小企業経営者の中には「会計で何も変わらない」と思われている方も多いようですが、会計処理を細分化したり、現金管理のサイクルを短縮したりと、多少手間を掛けたことで、今まで見えなかったものが見えてきて、対策を打てるようになった、といった話はよく耳にしています。現金が不足する場合、その現金がどこに消えているのか…また、資金繰りの予測が立てやすくなったことで、不足しそうな時を先に知り、どう対応するかを考えることで、新たな発想が生まれることもあるようです。お金を掛けず、手間を掛けることでヒントを見つけてみてはいかがですか。

中小企業のための『会計』活用の手引き

お気軽にお問合せ下さい。
竹澤信雄税理士事務所

坂井市丸岡町松川1-78
TEL:0776-66-1589
takezawa@tkcnf.or.jp

竹澤信雄税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

  北陸税理士会所属